2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ【やることリスト】

現在発生している問題点のうち面倒で保留にしている点です。
≪コンボ途切れ問題≫【済み】
奥行きの軸がギリギリの状態だとコンボが途切れやすい。ノックバックは横限定にしているが、キャラ同士の押し合いが奥行き方向にも対応していることが原因。対応策としては、1:押し合い処理も横方向限定にしてしまう→マップの隅で逃げ場がなくなってバグりそう。2:ノックバック時に奥行き方向に補正する処理をかます→見た目が変でなければコレがいい

≪カウンター処理≫【済み】
攻撃中にダメージを受けた際にカウンターフラグをおったてる。カウンターはダメージレベルを1つ上げる。LVは0~4まであり、通常4で吹き飛び(LV3の攻撃をカウンターで当てれば吹き飛ぶ)。敵キャラによっては低レベルダメージでも吹き飛ぶ。

≪ガードブレイク:2009年2月24日追加≫【済み】
敵キャラはガードし続けるとガードが崩れる・弱い敵ほどブレイクしやすい。ガードが多い敵は後述する【投げ的攻撃】で状態を崩してから攻撃すると無駄が少ない。近寄る分リスキーではある。

≪攻撃はじき:2009年2月24日追加≫
一定レベル以上の攻撃がガードされたとき、攻撃側は【攻撃はじきモーション】へ強制変換される。プレイヤーはリスク少なめ、敵はリスク大きめにする。強力な攻撃はガードしたときの見返り。

≪コンボ値管理≫
実装イメージが固まらない…。敵キャラごとに自分の被コンボ値を持たせて自己申告制にしようと思ってる。ゲーム管理クラスが受け取って合計値を表示。他にコンボ開始と終了も申告させ、コンボが継続しているかどうかも管理する。敵1体倒しても、他の敵がコンボ継続中ならコンボ値を引き継ぐ。最終的なコンボ値は経験値としてボーナスにする。

≪吹き飛びベクトルを個別設定可能にする≫
現状、敵を吹き飛ばした場合、及び追撃した場合の吹き飛びベクトルは数種類の中から選択式にしている。このままだと技ごとの個性が出しにくいので、技の設定に吹き飛びベクトルを設定したい。

≪ヒットストップを個別設定可能にする≫
現状では攻撃レベルでヒットストップ&スローの値が自動的に決まっている。このままだと技ごとの個性が出しにくいので、技ごとに値を変更したい。

≪ガード後に反撃確定にしたい≫
対戦格闘ではないので、ガード成功時に反撃確定技を多くしておきたい。現状ゴブリンさんの攻撃は弱・中・強の3段階があるが、反撃確定なのは弱攻撃のみ。むしろ逆だろwwwwガードのフレーム数が長いのかもしれない。敵の攻撃後の硬直とのバランスを検討すべき。

≪投げ的な攻撃≫
相手に近距離で横方向に押した場合に投げのような処理を入れようかと思います。といってもジョイントが敵全員でユニークすぎるので本当に投げ技を作るのは厳しすぎるので、相手を押してヨロケさせるぐらいの内容にしようと思います。 【大きな課題】
敵の攻撃の頻度とゲーム性のバランスを考えています。
敵があまり攻撃しない方が、多くの敵を出してもバランスが取れます。ですが、デク人形を相手に一方的に攻撃し続けてもすぐに飽きるので手ごたえが必要。逆に相手がひっきりなしに攻撃してくると、1対2でも勝負にならない。その場合はプレイヤー性能を極端に強くする必要があるが、それはそれで無敵すぎてカタルシスに欠ける。

市販のゲーム(1対多)はザコはほとんど攻撃なんてしてこない。中ボス以上はそれなりに攻撃してきますが、それ以外はデクそのもの。これで楽しく感じさせる要因は、そもそもザコは敵ではなくゲージを溜めるための手段であること、また演出的な技が豊富なため、デク相手でも攻撃の手段を選ぶことができ、それが緩急を生んでいるのでしょう。逆に言うとそうしたボリューム感がないとまとまらないのかもしれません。うちのゲームの場合はボリューム感で圧倒することは無理なので、もっとシンプルなところで勝負する必要があります。その分骨太なゲームになれば楽しんでいただけるはずです。

本ゲームは1対多でありながら、対戦格闘的なニュアンスを多く取り入れています。ですが、対戦格闘と1対多では様々点で違いがあり、単純に良いところ取りしても面白いものにはなりそうにありません。
対戦格闘との一番の違いは≪相手の行動を読む≫必要性なのでしょう。1対多では相手の行動頻度も少なくタイミングを取りづらいため、次に何をどのタイミングで仕掛けてくるかが全くわかりません。したがってプレイヤーは相手の行動を読むことはなく、極力リスクの少ない方法で相手を攻撃し続けることになります。

以上を踏まえ、このゲームの遊びのポイントを整理します。
≪2009年2月24日修整≫
【敵キャラの予備備動作を大きくすることで相手の行動に対処しやすくする】
予備動作を大きくすることで、その対応をプレイヤーが選択しやすくする。予備動作が大きすぎると最後の1匹になったときに反撃する間もなくボコられるので、近距離攻撃の出は早めにすることで油断できないようにする。
その他、強力な一撃の前にはエフェクトで危険をしらせる、なども検討。

【プレイヤーの行動に対する敵の対処に、さらに対応できる選択肢を検討】
敵が硬直の大きい攻撃をガードした後に、反撃する機会を作る。それに対して弱攻撃で反撃するか、避け・ガードなどの対応を選べれば、攻防のやりとりができそう。でも、作るのは難しそう。ボス戦ならまとまりそうだが。

【敵キャラの個性を濃くする】
見た目と敵キャラの個性をハッキリさせ、役割を持たせることで戦いの濃度を高めていく。例えば、ゴブリンガードは接近を望み、ゴブリンチーフは中距離から強攻撃の機会を探り、ゴブリンアーチャーが後方から矢で攻撃とか。って全部ゴブリンwww 攻撃の個性が強いと敵の組み合わせで難易度調整がしやすいので、個性は強くしたい。この辺はこまめにメモを残して長期戦の構えで。

【大きい意味での攻撃バリエーションを増やす】
これは今回のこととちょっとズレますが、一応明記しておきます。現状の仕組みのままだと攻撃のバリエーションが貧しくなることが予想されます。ですが、技ごとにプログラムを書くのは効率悪いので、できるだけ現状の仕組みだけでバリエーション豊かに見せるかことが大きな課題です。どの武器・どのスキルの組み合わせでも、同じようなフィーリングにならないように。できれば武器=格ゲーのキャラ性ぐらいの違いまで持っていきたい。その上で、敵キャラとの相性が出ると楽しいと思います。この辺のバランスは多少崩れてもOK。そのためのレベル制ですし、武器の個性が濃い方が印象強いかと。

また書き直すかも…。

● COMMENT FORM ●

こんばんわ~。

内部パラメータを調整し、敵の攻撃レベルを変化させる程度のゲームデザイン変更は「比較的工数がかからないのかな?」と感じましたが、「投げ的な攻撃」のところはモーション作るのが工数かかりそうに感じました。
(もう、過去に作っていそう&Karu_gamoさんの超得意分野だから工数は二束三文だったりw)

やることメモ…結構重要ですよね。
特にリリース期間を設けていると本当に重要になる気がします。
そして、やることの潰す順番を間違うとゲームの進化が変りそうですね。「あっ、こんな表現になるんだ。なら、こうしてみるか…」とかなって、ちょっと思惑とは違ったりしてしまうとかとかw
私の2Dの方のゲームはやることリストを興して、潰す順番を適当にやっていたら、そんな事が何度かありました。

ギョ! 書き途中で眠くなったから保存しておいたつもりが公開していましたwwww後半書き途中でした…。

こんばんわです。OKIさん。
【投げ的攻撃】は既存のよろけモーションを使って作ろうと思うので、工数はそれほどでもないと思います。問題になりそうなのは、普通投げの間は無敵にするのが通例ですが、これがバグを生みそうなので無敵なしにしようと思ってます。よろけモーションは全キャラで用意するつもりですが、投げられない敵(スライムとか)には用意しないつもりです。たぶん、投げられない=ガードしてこない敵になるかと。

>> ゲームの進化が変わる
そうなんですよね~。実際遊んでみるとイメージと違うことなんてザラなんですよね。現状スキルゲージも撤廃の可能性大ですwwww

>投げられない敵(スライムとか)

スライム!?見たいですっ!どんなモデルになるのか(´д`;ハアハアします。
私もあの雪見だいふくみたいなのをやめて似せて作りたいですw

>現状スキルゲージも撤廃の可能性大ですwwww

シンプルを極めていくと「これ、いらないや。」とかってありますよね。
少人数開発の合言葉ですよw

Re: タイトルなし

> >投げられない敵(スライムとか)
>
> スライム!?見たいですっ!どんなモデルになるのか(´д`;ハアハアします。
> 私もあの雪見だいふくみたいなのをやめて似せて作りたいですw

そのうち作りますwwwα後ですかね~。
逆キングスライムみたいなのやりたいんですよね~。
切れば切るほど小さく分裂みたいなの。でも面倒かな~!?
見た目は、私も雪見だいふく系の予定ですよ!


> >現状スキルゲージも撤廃の可能性大ですwwww
>
> シンプルを極めていくと「これ、いらないや。」とかってありますよね。
> 少人数開発の合言葉ですよw

終わり良ければなんとやらですwww
いい思い出になりますよ!きっと

こんばんは(・ω・)ゞ
1対多の場合はザコはやられ役になってもらうことが多いですよね。
プレイヤーに最も近い敵が攻撃役っていうのがほとんどな気がします。
こうするとプレイヤーがボスに近づく=ボスが攻撃役となってくれますし。
この辺りの敵のアルゴリズムって昔のベルトアクションゲームが非常に参考になりますよね。

こんばんわ~shtさん

基本はやられ役なんですが、ルーチンワークにならないようにする微妙な手ごたえがほしいんですよね~。

>> 昔のベルトアクションを参考に

おぉ、確かにそうですね! 忘れてました。いろいろ見てみます。確かベアナックルは2人以上になると、とにかくしつこく挟み撃ちにしようとするアルゴだったのを記憶しています。効果的なんだけど嫌なんですよね~アレ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://karuduck.blog50.fc2.com/tb.php/102-92749ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Karu_gamo

Author:Karu_gamo
<メールアドレス>
karu_gamo#hotmail.co.jp
#を@に置き換えてえてください。

<自分リンク>
かるがも研究所【新】
YouTubeチャンネル
公開素材置き場
仕様書
旧ブログ(見るとこないです)
管理者ページ

リンク

YouTube動画

FC2カウンター

カテゴリー

Twitter

 

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。