2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開素材『樽(タル)』をアップしました

以前作った壊せる樽ですが、アニメパターンを3種作ったら公開するつもりでいたのですが、すっかり忘れててキャラモーションばかりやってました。ダメージ系のモーションも飽きてきたので息抜きにダイナミクスで残りの破壊モーションを作りました。というわけで、データも揃ったので公開したいと思います。
 
データは以下のような構成になっています。
【Barrel_LoPoly.x】通常状態の樽(88ポリ)
【Barrel_Blow_AllAnim.x】破壊アニメ全3パターン(446ポリ・18階層スキン)
【Barrel_Blow01.x】破壊アニメパターン1:横方向破壊
【Barrel_Blow02.x】破壊アニメパターン2:下方向破壊
【Barrel_Blow03.x】破壊アニメパターン3:上方向破壊
テクスチャーは通常時と破壊時で共有しています。

本データは著作権フリーです。ご自由に使ってやってください。使用時に許可を取る必要はございません。改変、再配布ともに自由にしていただいて構いません。
081013_Barrel.jpg

スポンサーサイト

モーション付きXファイルの現状

トラックバックで記事を書くのも初めてなんですが、記事を拝見していて以前同じように考えたことがありました。当時はXNAではなくDirectXのゲームをC++で作成していたのですが、Xファイルの扱いがぞんざいに感じました。DirectX標準フォーマットというには対応が甘い印象で、対応するCGソフトもアニメーションまで対応しているのはごくわずかです。DirectXSDKにはMAYAや3DStudioMAXのプラグインが(以前は)付属していましたが、これもなんか微妙な動作でうまく動いたことはマレでした…。感覚的には標準フォーマットというよりも『いちおう共通フォーマットとして用意してあるけど、どうせ皆さん独自フォーマットでやるんでしょ? だからこれで充分でしょう!』という臭いを感じました。
当時いろいろ調べた結果、ゲームで使用するモデルデータはだいたいの場合【他人に見られたくない(改造などによる動作の不安定化への対策も含む)】【最終的には複数のデータをパック化したい(ロード時間短縮のため)】、【無駄なデータを入れたくない(エクスポーターによっては無駄な階層情報が含まれていることがある)】、【逆に独自なデータを入れたい(アルファブレンドの種類とかをデザイナー側で指定したい、いろいろ)】、などの理由で独自フォーマットを使用することが一般的であり、Xファイルを使うのはサンプルや実験レベルで使用するもの(又は上記の理由に当てはまらないゲーム)というのが一般的な認識のようでした。

ですが、XNAでは状況が違います。コンテンツパイプラインのおかげで不要なデータや必要なデータはビルド時に変更できる仕様ですし、ファイルの読み込みもPCの高速化からよほどの大規模プロジェクトでない限りは気になるレベルではないです。そもそものXNAのコンセプト的にもカジュアルゲームや趣味ゲームの充実を考えるのであれば、多くの人が実装するであろう機能を充実したり、Xファイルに対するサポート体制の強化することは、XNAの今後にとって大きな利益となるはずです。少なくとも、D3DXでサポートされているスキンアニメーションやメッシュのヒットぐらいはXNAでも利用できるようにしてほしいですね…。

まぁ、愚痴はこれぐらいにして、トラックバック先のNa-7さんがおっしゃるとおり、確かにXファイルのサンプルってあまりないですね。私も現状1つ複数アニメーションを持ったデータがありますが、武器が後付け仕様だったり、テクスチャー枚数が多かったりして、サンプルとしてはやや使いかってが悪いかもしれません…。それでも良いという方がいらっしゃいましたら、ぜひ使ってやってください。ちなみにDirectXのビューアーでは表示されませんでした。当方のXNA環境では動作しますが、他の環境での動作は一切保証いたしません。本データはどのように使っていただいても構いません。スナップショット撮ってHPへ掲載してもいいですし、ゲームで使っていただいても構いません(このデータだけでゲームができるとは思えませんが…)。ただし、著作権の放棄はしておりません。



データはキャラ・武器・盾の3つのXファイルで構成されています。武器と盾はそれぞれキャラのジョイント【WEAPON_L】【WEAPON_R】(【】は含まず)という階層に乗せることで正しい状態となります。アニメーションは【立ち】【歩行】【攻撃】【ダメージ】の4種があります。各モーションは、モーション中は前後に移動しますが、開始と終了時は同じ位置に戻ります。髪の毛は抜きを使用していますので、<アルファブレンド有り・Z読み込み有り・Z書き込み有り・アルファテスト有り>で描画すると正しく描画できます。

RokDeBone23Dモデルデータにモーション(アニメーション)を付けるためのツール。無料でモーション付き.Xファイルを出力できる国内唯一のツールかも?今回の記事は開発日誌です。(前回の続き)◎近況報告XNAでモーション再生をすべく試行錯誤しています。簡単に言うと「正常に動作するモーション付き.Xファイルのサンプルが見つからずに苦労した」「やっとサンプルを準備し、ファイルの読み込みまで成功した」という段階ですが、こ...
モーション付きDirectXファイルの現状

デバッグ用の素材を作りました

ゲーム作るときにあると何かと便利なのが、グリッドとか、頂点や座標を視覚化したモデルなどが挙げられます。今日は後者2つを作成してゲーム上で簡単に表示できる仕組みを作りました。これで、計算結果が怪しいときとかに、リアルタイムで座標を確認できます。需要があるかもしれないので、Xファイルとして出力したデータをWindowsLiveのストレージにアップしました。どうぞご自由にダウンロードして使ってください。
080730_Axis.jpg



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Karu_gamo

Author:Karu_gamo
<メールアドレス>
karu_gamo#hotmail.co.jp
#を@に置き換えてえてください。

<自分リンク>
かるがも研究所【新】
YouTubeチャンネル
公開素材置き場
仕様書
旧ブログ(見るとこないです)
管理者ページ

リンク

YouTube動画

FC2カウンター

カテゴリー

Twitter

 

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。